アンフォースレイセイフ株式会社

タッチスクリーン操作を実現した診断用 X 線装置用測定器X2販売開始

スウェーデン王国アンフォースレイセイフ社(以下RaySafe社)は、新製品 RaySafe X2を発表しました。これは優れた測定精度とタッチスクリーンによる操作インターフェイスを融合させた最初の製品です。X2では複雑なメニュー設定の必要はありません。センサーを本体に接続して測定を開始するだけです。測定範囲やモードの選択も必要ありません。方向依存性のないセンサーで関連するすべての測定パラメータを 1 回の照射で収集し、使いやすいスライド式タッチスクリーンにより線量、線量率、kVp、HVL、総濾過、照射時間、パルスと、それぞれに対応する波形を表示します。

RaySafe X2 は本体、R/F 測定用外付けセンサーおよび内蔵 mA センサーで構成されます。両方のセンサーを使用すると、12 のパラメータを同時に表示します。タッチスクリーンをさっとなでる操作により、各パラメータの波形が表示されます。X2 R/F センサーは、新開発のスタックセンサー技術により、測定時のヒール効果の影響を排除しました。本体ですべての照射を保存しているので、測定データをその後の参照や比較に使用できまます。付属する X2 View ソフトウェアにより、さまざまな分析や、エクセルインターフェースを利用したレポー作成が容易に可能です。

「RaySafe X2 開発の目的は診断用 X 線装置の品質保証を次のレベルに引き上げることでした。直観的なユーザーインターフェイスと高性能センサー技術の組み合わせにより、診断用X線装置のメインテナンスを簡素化し、X 線装置のチェックを機能的にするばかりではなく、作業者による人的エラーを減らします。」と、RaySafe 社診断用X 線向け測定器部門の副社長 Mats Alm は述べています。RaySafe X2 はサービスエンジニアや設備点検要員の貴重な時間を短縮するばかりではなく、同時に X 線システムの点検によるダウンタイムを短縮します。

RaySafe X2 は 2013 年 1 月より販売されています。

RaySafe X2 仕様抜粋:

- R/F用、 mAs 測定も可能
- 本体寸法/質量:34 x 85 x 154 mm / 521 g
- X2 R/F センサー:線量、線量率、kVp、HVL、総濾過、照射時間、パルス、パルスレートおよび線量/パルス。寸法 14 x 22 x 79 mm / 質量 42 g
- X2 mAs センサー:mA、mAs、照射時間、パルス、パルスレートの測定
- kV 、線量および mA の波形
- X2 ViewとExcelによるWindows 互換性

高解像度画像は次のリンクをご覧ください
http://mediabank.raysafe.com:80/pincollection.jspx?collectionName={7a658953-9ec8-4ac3-93d0-0f25a0d27a85} 。

本件に関するお問い合わせ先:

アンフォースレイセイフ株式会社

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-1-2-225
電話:045 620 5581

ファクス:045 620 5582

[email protected]

www.raysafe.com

RaySafe社について

RaySafe 社は、医療用X線装置用の測定ソリューションの著名なサプライヤで、診断用X線装置の品質保証からリアルタイム被曝線量モニタリングまで幅広い製品を提供しています。これらの製品は、高度な技術と使いやすさ、透明性のあるデータ概要を組み合わせています。弊社はまた、幅広いカスタマーサービスを提供し、不要な放射線被曝回避を支援します。本社所在地は、1994年に同社が設立されたスウェーデンのビルダールです。米国、英国、ドイツ、シンガポール、インド、日本、中国に子会社を抱え、世界市場に対応する販売網を展開しております。クライアントの中には主要なX線メーカーや、一部の世界的に最も有名な大学病院などがあります。全世界で約150名の従業員を擁し、2011/2012会計年度で約2000万ユーロの売り上げを記録しました。これまで、ISO13485、ISO 14001、ISO IEC17025、およびISO 9001品質マネジメント規格の認証を受けています。2006 年以降、スウェーデンの第六年金ファンド(Swedish Sixth AP Fund) が 同社の主要株主になっています。